楽に引っ越しましょう。

2015.12.1|引越し

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

0561538baf126b1b9c376c72e2c4e692_s

0561538baf126b1b9c376c72e2c4e692_s

引っ越し前後はお金とストレスがかかるため、費用をできるだけ抑えたいものです。そこでいくつかの節約術をお教えします。
まず段ボール詰め作業です。市販の段ボールは強度がありますがお金がかかります。ですからスーパーなどに出掛け段ボールをもらいましょう。ほとんどが一度使っているため強度は弱まりますが、一回引っ越しに使うだけであれば意外に問題ありません。段ボールは実はかなり頑丈なのです。箱詰め作業ですが、段ボールの上部までいっぱいに詰めずに二割ほどの空間を残しましょう。段ボールの構造上積み重ねた時にそのほうが壊れにくいですし、中の物が破損することがなくなります。
ガムテープで閉じる際には、ついつい口を閉じたあとに、隙間の空いた両サイドにもガムテープを張りたくなるかもしれませんが、実はこれにはあまり意味がありません。引っ越し後の後処理が大変になるだけなので避けましょう。ガムテープ代も少し節約できます。
梱包が終わったら、少し大変かもしれませんが段ボールなどは、引っ越し業者を使わずに宅配便を使って新居に送りましょう。日時指定を使えば予定も立てやすいです。もちろん自分で運ばずに集荷に来てもらいましょう。そして大型の家具などだけ業者を使ったほうが安くつく場合もあるので、しっかりと計算をしてから行動に移りましょう。見積もり無料の引っ越し業者がほとんどですので、有効に活用するべきです。
賃貸の場合、家主や不動産会社によっては、こちら側では一切掃除をしなくてよい場合もあります。確認を取ったうえで礼儀として最低限お部屋をきれいにしたら、新しいお部屋へと向かいましょう。結局のところ、新しい住人に部屋を貸す前に業者のクリーニングが入るので、それほど頑張ってきれいにしても意味はないのです。
引っ越しには想定外の場面が付き物で、大変なことが多いですが無駄を省いて少しでも楽な方法を採るようにを心がけましょう。

合わせて読みたい記事

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL

レンタルサーバー