部屋の明け渡し

2014.12.3|引越し

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

a0001_016190

仕事で海外に移動することになった。
それで、今まで住んでいたアパートを引き払い、とりあえず実家に引っ越すことになったのであるが、家を明け渡すのもなかなか容易ではない。

日本の場合引越しをする際に家を完全に元通りにしなくてはならない。電気の傘等のこれは置いておいたら次の入居者がる帰るのではないだろうか?と思うようなものでも必ず取り外しておかなければならないのである。ベランダの物干し竿などもそうであるが、ここまで徹底しなくてもと思うことも多々ある。

そういうわけで今回の引っ越しに当たっては海外に物を持ち込むこともできないので、大部分のものを処分することとなった。しかし、こうしたものは売ったらお金になるかもしれないと思い、処分する前に買い取ってくれる人を探してみた。

インターネットをみてみると意外とそのような業者も存在するのである。家まで来てくれて私たちの不用品を査定し、買い付け、持って行ってくれるのである。いまどきゴミを出すにもお金を取られる時代である。わらにもすがる思いで連絡を取ってみた。少しでもお金になれば大成功である。

結果として冷蔵庫と幾つかの家具をパソコンを含み10000円と少しで買い取ってもらった。まずまずである。
ただ、もし2社の業者を呼び寄せて競わせたらもっと高額になったかもと思わず欲が出てしまったが今更考えても後のまつりである。

そして、最低限必要なものだけを軽自動車に積み込みアパートを後にした。

合わせて読みたい記事

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL

レンタルサーバー