引越しをする時期を考える

2014.10.29|引越し

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

a0002_010583

引越しを考えたときには、時期をいつにするか決めるのがいつも悩み所になります。繁忙期といわれる3月のピークを避けることは絶対ですが、それ以外にも引越し業者の費用が高くなってしまう時期があるのです。

それは、夏休みなどの長期の休みを取りやすい時期に集中しています。その時期に引越しの作業をやってしまい、持てない物は一顧し業者に依頼するという考え方になります。そして、5月の連休あたりにも引越しの依頼が増える傾向にあるそうで、結局は休みの日と連動して引越しが集中するということになります。

そうなってくると、自分で引越しの日を決める事ができるのなら、3月や8月などのピークの時期を避けることが求められます。良いと思うのは、6月や9月などの特別なイベントが発生しないような月の平日に引越を行うことです。

とりあえずは引越し 手続きなどで引越し業者を探していくつかの引越し業者に見積もりを依頼してみて、最安値の引越し業者が何処なのかをチェックしてから価格交渉を始めます。引越しをする時間については、安くなる時間帯を引越し業者にお任せする方が良いのではないかと思います。

1日に2回の引越しを計画している引越し業者の場合は、朝の8時頃から引越しを開始することが多くあります。その予定でこちらも準備を進めておくのです。

合わせて読みたい記事

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL

レンタルサーバー